TOPIC

chatgpt-4oは無料で使える?無料での使い方や無料版の制限について解説

chatgpt-4oの仕組みや料金

Chatgptは、生成AIのパイオニアとして世界をけん引する存在となっています。新しいモデルが出るごとに、機能や基本性能の向上が図られてきましたので、大きな注目を集めてきました。
そこで、本記事では最新モデルであるchatgpt-4oについて取り上げていきます。このモデルの特徴や従来のモデルとは異なる機能をチェックすれば、最新の生成AIの実力を知ることができるでしょう。同時に、chatgpt-4oを無料で使うことができるのか、ユーザーにとって要チェックの情報を紹介していきます。

chatgpt-4oについて

chatgpt-4oとは、OpenAIが2024年5月にリリースしたchatgptシリーズの最新モデルで、「Omni(オムニ)」というモデル名が付けられています。それまでのモデルであるchatgpt-Turboと比較してみると、レスポンスが非常に速くなっています。
最新モデルの名前であるOmniには「すべて」という意味がありますが、その意味の通りに、さらに多くの機能が付加されています。今までにない使い方ができるようになっていると共に、より高度でスピーディーなツールに進化しているわけです。具体的に、chatgpt-4oにはどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

感情のある音声会話

chatgpt-4oの発表に伴い、OpenAIはデモ動画を出しています。この動画の中では、質問に対して音声での自然な回答をしている様子が映されていました。
今まで多くの場合、AIによる音声会話というと、抑揚のない、いかにも機械的なしゃべり方でした。しかし、chatgpt-4oでは自然な抑揚が付けられていて、聞いている人がそこに感情を感じられる音声となっています。会話内容によっては、まるで本物の人間と話しているかのような印象を受けるほどです。

ハイレベルな画像認識

従来のモデルでは、全体の雰囲気や強調されている画像しか認識することができず、しかも精度の点で不安定なところがありました。しかし、chatgpt-4oでは人間が見るのと遜色のないレベルで、細かな点まで認識できます。さまざまな要素を総合的に判断し、全体としてなにを伝えたいのかをはっきりと理解できるようになっているのです。
たとえば、1つの皿の上にさまざまな食材や調味料が盛り付けられている画像から判断し、料理名を答えることができます。単に料理がなにかを判断するだけでなく、自動的にどんな料理か、どのように調理するのかといったことまで、AIならではの情報提供を行ってくれる作りとなっています。

レスポンスの向上

Chatgptはモデルを重ねるごとに返答スピードが上がってきていますが、chatgpt-4oになって、そのスピードはタイムラグを感じられないほどになっています。単純な質問だけでなく、入り組んだ思考が求められるもの、複数の情報を重ねて分析すべき内容においても、質問を入力してからまさに一瞬で回答が始まっていきます。

より自然で専門的な回答

生成AIの魅力は自然な回答ですが、chatgpt-4oになってさらに精度が高くなっています。従来モデルだと、文章作成のプロが回答を読むと、なんとなく機械的な部分を感じることがあったとされています。しかし、最新モデルでは表現の豊かさや接続詞の自然な使い方などが実現されていて、かなり自然な文章ができあがります。新しい文章を作るだけでなく、翻訳や長文の要約などにおいてもハイレベルな文章力を発揮してくれます。

chatgpt-4oの料金設定について

こうした最高レベルのパフォーマンスを発揮してくれるchatgpt-4oですが、最新モデルになって料金面での改定もなされました。具体的には、先代よりも半分くらいの価格設定となっています。基本となるコストとしては、100万トークンでの入力が5米ドル、出力は15米ドルに設定されています。
chatgpt-4oを利用するにあたっては、chatgptサービスの有料プランに加入していると、制限がなく便利です。いくつかのプランがありますが、chatgpt plusは月額20米ドルで、chatgpt teamは1アカウントごとに月額25米ドルとなっています。

他にも、EnterpriseプランやAPIプランでも利用することができます。APIプランでは従量課金となっていますので、上記のトークン数に応じた出入力の価格での利用となります。すでにプラン加入をしている方であれば、特に価格が上がることなく、最新モデルの恩恵にあずかることができるのでメリットは大きいでしょう。

chatgpt-4oを無料で使用することも条件付きで可能

上記のように、chatgpt-4oを無制限で使うのには有料プランに入る必要があります。しかし、使用自体は無料ユーザーでもできます。ただし、使用制限がかけられることになり、時間あたりの入出力回数が限られてきます。具体的には、5時間で10件までという回数制限がかかります。といっても、制限を超えるとchatgptが使えなくなるということではありません。あくまでも最新モデルであるchatgpt-4oが使えなくなるだけで、制限を超えた場合は自動的にchatgpt-3.5モデルに切り替わります。こちらのモデルの使用回数については制限はありませんので、パフォーマンスが下がった状態とは言え、chatgptを使い続けることはできます。

無料ユーザーがchatgpt-4oを使うためには、サインアップもしくはログインする必要があります。というのも、ログインなしでは旧モデルのみしか使えないからです。まだサインアップしていない方は、これを機に登録して、新しいモデルを使えるようにすると良いでしょう。
無料ユーザーの場合は回数制限がかかるのが難点ですが、chatgptが組み込まれたソフトを使うことで、無制限で使えることもあります。たとえば、Microsoft製品の中にはOpenAIと連携した機能が備わっているものがありますので、無料でシステムにアクセスして機能を使用することが可能となります。この場合は通常、Microsoftの方のユーザー登録をしている必要がありますが、追加料金が発生することはありませんので、事実上chatgpt-4oを無料で使えます。

また、OpenAIでは開発者に向けられたAPIを利用することで、無料トライアルが可能です。初めてAPIを使って開発をするユーザーに対して、無料クレジットを一定回数提供していますので、これを使うことでかなりの回数を無料で使えます。クレジットの無料分については、回数や期間が変動することがありますので、OpenAIのホームページで確認する必要があります。

このように、最新モデルのchatgpt-4oはハイレベルかつスピードアップした機能を使えるのが特徴です。無料でも使用する方法がいくつかありますので、まずは利用してみてその魅力を試してみましょう。

関連記事

  1. chatgptのAPI

    chatgptのapiはどのように提供されている?料金体系や条件などを調査してみた

  2. chatGPTのmemory機能

    chatGPTにmemory機能が追加!Memory機能について解説

  3. chatgptのファイルアップロード

    chatgpt 4oはファイルアップロードが可能に!対応しているファイルや具体的な使い方を解説

  4. chatgptのクロームのアドオン

    chatgptに関するchromeの拡張機能でおすすめの機能をピックアップ

  5. chatGPTの命令

    chatGPTに役割を与えると作業効率アップ!使える役割一覧

  6. chatgptで使えるプロンプト

    chatGPTはプロンプトが全て!生成のコツやプロンプトの一部を紹介

  7. chatgpt-4oと日本語

    chatgpt-4oは日本語対応している?使い方の事例と共に解説

  8. chatgptとは

    chatGPTとは?わかりやすく解説します

  9. chatgpt-4oの詳細

    chatGPT-4oのここがすごい!特徴やできることを中心に解説

PAGE TOP