TOPIC

chatGPTが嘘をつく?その現象の背景と対策について解説

chatGPTは嘘をつく

人工知能(AI)技術の進化により、ChatGPTに代表される自然言語処理モデルが注目を集めています。しかし、一部の報道や議論では、ChatGPTが嘘をつくという現象が問題視されています。本記事では、その背景や現象の種類、そして対策について解説します。

chatGPTが嘘をつく、と言われる理由

ChatGPTが嘘をつくと言われる理由の一つに、生成されたそのテキストが事実と異なる情報を含む場合があるという点が挙げられます。ChatGPTはトレーニングデータから学習したパターンに基づいて文章を生成するため、トレーニングデータに誤った情報や偽の情報が含まれている場合、生成されたデータにも間違った情報が反映されてしまう場合があります。また、時にはユーザーが与えたプロンプトに基づいて、本来の意図とは異なる内容を生成することもありえます。
以下で、嘘を見つけた事例とともにその理由を説明します。

テキスト生成の自由度のため

ChatGPTはトレーニングデータから学習したパターンに基づいて文章を生成するため、時には訓練データ内に含まれていない情報や事実と異なる情報を生成することがあります。このような場合、生成されたテキストが嘘であると見なされるでしょう。

事例:ユーザーがChatGPTに「日本の首都は東京ですか?」と尋ねたところ、ChatGPTが「いいえ、日本の首都は京都です」と回答したという報告がありました。しかし、実際には日本の首都は東京であるため、ChatGPTのこの回答は事実とは異なります。

意図的な誤情報の生成のため

悪意を持ったユーザーがChatGPTを悪用して意図的に誤った情報や嘘を拡散することがあります。特にSNSなどのオンラインプラットフォームでChatGPTを利用する場合、この問題が深刻化する恐れがあります。

事例:オンライン掲示板で、ユーザーがChatGPTに「新型コロナウイルスはワクチン接種によって100%防げる」というプロンプトを与え、ChatGPTがこの情報を拡散するように生成したという事例が報告されています。しかし、実際にはワクチン接種によって100%の防御効果があるわけではないため、この情報は嘘であると見なされます。
また、あるユーザーがChatGPTに、「世界最大の湖は何ですか?」と尋ねました。すると、ChatGPTは「世界最大の湖はカナダのビクトリア湖です」と回答したという報告がありました。しかし、実際には世界最大の湖はカスピ海であり、ビクトリア湖はアフリカ大陸に位置しています。ChatGPTのこの回答は事実とは異なるため、ユーザーは困惑しました。このような例は、ChatGPTが正確な情報を生成する能力に限界があることを示しています。

これらの事例からもわかるように、ChatGPTが嘘をつくと言われる理由の一つは、生成されたテキストが事実と異なる情報を含む場合があるためです。このような問題に対処するためには、ChatGPTの訓練データやアルゴリズムの改善、そしてユーザーに対する教育が大切です。

chatGPTが嘘をつく現象=ハルシネーションの種類について

ChatGPTが嘘をつく現象は、一般的に「ハルシネーション」と呼ばれます。ハルシネーションには大きく分けて2パターンあります。

1.内容の誤解

ChatGPTが入力されたプロンプトを誤解し、意図しない情報を生成する場合があります。例えば、「アップルは日本の果物です」というプロンプトに対し、ChatGPTが「アップルはアメリカの企業です」という回答を生成する場合があります。

2.意図的な誤情報

ChatGPTが意図的に誤った情報を生成する場合もあります。これは、悪意を持ったユーザーが誤りであるトレーニングデータを使用してChatGPTを悪用したことに起因しています。

chatGPTが嘘をつく現象=ハルシネーションの対策について

ハルシネーションに対する対策として、次のような方法が考えられます。

1.信頼性の向上

ChatGPTの訓練データやアルゴリズムの改善により、生成されるテキストの信頼性を向上させることが重要です。特に公共の場で利用されるChatGPTにおいては、高い信頼性が求められます。

2.ユーザー教育

ユーザーに対して、ChatGPTが生成した情報が必ずしも正確であるとは限らないことを理解するための基礎的な教育が重要です。ユーザーが生成された情報を慎重に検討し、疑問を持つよう促す必要があるためです。

まとめ

ChatGPTが嘘をつくという現象は、その生成されたテキストが事実と異なる情報を含む場合があるという問題が背景にあります。ハルシネーションと呼ばれるこの現象に対処するためには、信頼性の向上やユーザー教育が重要です。これらの対策を通じて、ChatGPTをより安全かつ信頼性の高い技術として発展させることが求められています。

関連記事

  1. chatGPTとclaude3の違い

    claude3とchatGPT、それぞれ得意なこと、不得意なことを比較してみた

  2. chatGPTサービス5選

    chatGPTを活用したおすすめの法人サービス5選

  3. chatgptのファイルアップロード

    chatgpt 4oはファイルアップロードが可能に!対応しているファイルや具体的な使い方を解説

  4. chatgptの使い方

    初めてでも簡単!ChatGPTの使い方を解説

  5. chatgpt-4oと日本語

    chatgpt-4oは日本語対応している?使い方の事例と共に解説

  6. chatGPTとセキュリティリスク

    chatGPTで情報漏洩は起こる?情報漏洩のリスクや対策方法について解説

  7. chatgpt-4oの詳細

    chatGPT-4oのここがすごい!特徴やできることを中心に解説

  8. chatGPTで動画制作

    chatGPTでは動画作成にも活用可能?おすすめの使い方や使いたいプラグインを紹介

  9. chatgpt-4oの仕組みや料金

    chatgpt-4oは無料で使える?無料での使い方や無料版の制限について解説

PAGE TOP