TOPIC

プレゼン資料もおまかせ?生成AIが作る提案書のクオリティを調査してみた

生成AIに資料を作ってもらった

近年、技術の進化に伴い、ビジネスの世界でもAIの活用がますます進んでいます。特にプレゼンテーション資料や提案書の作成において、AIが自動生成するツールが注目されています。これらのツールを上手く利用することで短時間で効率的に資料を作成することができるため、多くのビジネスパーソンの関心を集めています。本記事では、生成AIが作る提案書のクオリティや実作業の手順、コツについて詳しく調査してみました。

自動生成AIが話題のプレゼン資料作成

ビジネスシーンでのプレゼンテーション資料や提案書の作成は日常的にこなす必要のあるタスクですが、これらの資料を作成するには多くの時間と手間がかかります。そのためAI技術を活用してこれらの資料を自動生成するツールが注目を集めています。これらのAIツールは、事前に設定されたテンプレートやデザインパターンを活用し、ユーザーが入力した情報をもとに自動的にプレゼン資料を作成することができ、短時間で効率的に資料が作れるのです。

実際の作成手順とプロンプトのコツ

1.ユーザーのニーズを把握

ユーザーが何を求めているのかを理解し、それに基づいて提案書の内容やデザインの方向性を決定します。

2.テンプレートの選択

適切なテンプレートを選択し、提案書の雰囲気やスタイルに合ったものを選びます。下記に記載したCanva、Zoho Show、Pitchなどのツールは特に選択肢が豊富です。

3.情報の入力

企業情報、提案の内容、データやグラフなど提案書の作成に必要な情報を入力します。

4.自動調整と編集

生成AIが自動的にデザインを調整し、ユーザーが提供した情報に基づいて提案書を生成します。その後、必要に応じて編集や微調整を行います。

5.レビューと修正

生成された提案書をレビューし、必要に応じて修正や改善を行います。これにより、完成度の高い提案書を作成することができます。

提案書の作成におすすめの生成AIツール3選

ここでは、提案書の作成におすすめの生成AIツールを3つ紹介します。

1.Canva

Canvaは、豊富なテンプレートやデザインパターンを活用して、プロフェッショナルな提案書を簡単に作成することができるツールです。ユーザーが入力した情報に基づき、自動的にデザインが調整されるため、デザインに自信のない人でも安心して利用することができます。

2.Zoho Show

Zoho Showは、クラウドベースのプレゼンテーション作成ツールであり、提案書の作成にも活用されています。豊富なテンプレートやチャート、グラフなどの機能を備えており、スタイリッシュかつプロフェッショナルな提案書を簡単に作成することができます。

3. Pitch

Pitchは、チームでのコラボレーションを重視したプレゼンテーション作成ツールです。提案書の作成だけでなく、チームメンバーとのリアルタイムでの共同作業が可能であり、効率的な提案書の作成が可能です。

実際のユーザーの声、デメリットと注意点も紹介

これらの生成AIツールを利用したユーザーの声やデメリット、注意点についても紹介します。

実際のユーザーの声

実際のユーザーからは、生成AIツールを利用することで、時間と手間を節約でき、クオリティの高い提案書を短時間で作成できるという声が挙がっています。例えば、某企業のマーケティング担当者は、Canvaを利用して提案書を作成し、「以前はデザインに苦労していましたが、Canvaを使うことで簡単に魅力的な提案書を作成できるようになりました。時間も大幅に短縮でき、助かっています」とコメントしています。このように多くのユーザーが、生成AIツールを利用して作成した提案書のクオリティに満足しており、効率的な業務遂行を実現しています。

デメリット

一方でデメリットとしては、ユーザーが十分な情報を入力できなかった場合や、テンプレートに縛られて柔軟性がない場合があります。たとえば、提案書の重要な情報を省略したり、テンプレートに収まらない内容を強引に適用したりすることで、提案書の品質が低下してしまう恐れがあります。また、自動生成された提案書は他のユーザーの制作物と類似していることがあるため、独自性やオリジナリティを求める場合には不向きな場合があります。

注意点

生成AIツールを利用する際の注意点として、ツールを使う際にデザインの基礎知識を必要としないがゆえに、フォントや色の組み合わせが不適切だったり、レイアウトが乱れたりするなどデザイン性に問題があるケースがあります。また、テンプレートや自動生成された要素の過剰な使用により、資料が単調になる懸念があります。ユーザーは適切なバランスを保つことで、例えば、テンプレートを活用しつつも、独自のアレンジやオリジナルな要素を加え、提案書の魅力や個性を高めることができます。

まとめ

生成AIツールを利用した提案書の作成は、時間と手間を節約し、効率的にプロフェッショナルかつクオリティの高い資料を作成することができます。しかし、利点だけではなく注意点やデメリットを理解し、適切に利用することが重要です。これらのツールはユーザーの補助として活用することで、より効果的なビジネス提案書を作成する手助けとなるのではないでしょうか。

関連記事

  1. 生成AIで英語学習

    生成AIで変わりつつある英語学習。活用術を徹底紹介

  2. aiの種類

    生成AIその種類一覧を紹介します

  3. 地方自治体と生成AI

    生成AIは自治体でも利用が進む?自治体での活用事例5選

  4. galaxyAIの機能

    galaxy AIってどんなAI?機能の概要や使い方、できることを解説

  5. 生成AIの規制やルール

    生成AIは今後規制されていく?日本での規制の現状と今後について解説

  6. 生成AIと著作権

    生成AIの著作権はどうなってるの?事例とともに解説

  7. おすすめのAIサービス

    生成AIを無料で試そう!おすすめサイト10選

  8. AIアプリ

    無料で使える!おすすめの生成AIアプリ10選

  9. 教育現場でのAI活用

    生成AIの学校での活用事例5選

PAGE TOP