TOPIC

生成AIは自治体でも利用が進む?自治体での活用事例5選

地方自治体と生成AI

近年、自治体においてもAI技術の活用が進んでおります。その中でも生成AIは、自治体業務の効率化やサービス向上に貢献しています。本記事では、自治体での生成AIの活用事例に焦点を当てながら、メリット・デメリットについても紹介します。

自治体の生成AI導入状況と総務省のガイドラインについて

自治体における生成AIの導入状況については地域によって異なりますが、前提として総務省が提供するガイドラインに基づいた活用が進められています。総務省は、2022年に「AI活用に関するガイドライン」を公開し、自治体がAIを活用する際の基本的な方針や考え方を示しています。このガイドラインでは、自治体がAIを導入する際の判断基準や考慮すべき事項を下記としています。

1.社会課題の解決

生成AIを活用して、地域の社会課題の解決や行政サービスの向上に貢献することが大切です。

2.透明性と公正性

生成AIの活用においては、そのアルゴリズムや判断基準を透明かつ公正に説明し、信頼性を確保することが求められます。

3.プライバシーの保護

個人情報の適切な取り扱いやプライバシーの保護に十分な配慮を行うことが必要です。

4.ユーザビリティとアクセシビリティ

AIを活用するサービスやシステムは、利用者が容易に操作できるようなユーザビリティと、ハンディキャップを持つ人々にもアクセス可能なアクセシビリティを確保することが大切です。

各自治体は、このガイドラインに則り、地域のニーズに合った生成AIの活用方法を検討しています。

自治体での活用事例を5選ご紹介

自治体における生成AIの活用事例は多岐に渡ります。以下では、具体例を挙げながら、自治体がどのように生成AIを活用しているかについて詳しく解説します。

1.自治体広報誌の記事作成支援

例えば、ある自治体では地域のイベントや施策に関する記事を作成する際に、生成AIを活用しています。AIは地域のニュースやイベント情報を収集し、それに基づいて自動的に記事を生成します。自治体の広報担当者は、生成された記事を確認し、必要に応じて修正や加筆を行います。この方法により、広報誌の制作効率が向上し、市民への情報提供を迅速に行うことができます。

2.行政窓口での質問応答サポート

市民からの電話やメールでの問い合わせに対応するために、生成AIを活用した質問応答システムを導入しているケースもあります。このシステムでは、市民が問い合わせを行うと、AIが自動的にその内容を解析し、適切な回答を提供します。例えば、ゴミの分別方法や市役所の営業時間など、よく寄せられる質問に対して即座に対応することができます。

3.災害情報の自動生成

災害時には、自治体が市民に対して避難情報や災害対策情報を提供する必要があります。ある自治体では、生成AIを活用して災害情報を自動生成し、市民に効果的に伝える取り組みを行っています。AIを活用することで、地震や豪雨などの災害情報をリアルタイムで収集し、市民への適切な情報提供が可能となります。これにより、災害時の情報伝達が迅速化し、市民の安全確保に貢献しています。

4.地域のイベント情報の提供

地域の観光イベントや地域振興イベントの情報提供に生成AIを活用している例もあります。AIが地域の観光名所やイベントスケジュールなどの情報を収集し、観光客や地元住民に向けて案内を行います。例えば、観光地のリアルタイムな混雑状況や周辺のレストラン情報なども提供され、観光客の満足度向上につながっています。

5.予算編成や施策提案の支援

最後に挙げる例は、自治体が予算編成や施策提案に生成AIを活用する事例です。ある自治体では、市民からのアンケートや意見投稿を収集し、AIがそれらのデータを分析して施策提案を行っています。これにより、市民の要望に応じて、例えば公園の整備や道路の改修などの予算配分が行われ、市民参加型の行政運営が実現されています。

以上のように、自治体では様々な場面で生成AIが活用されています。これらの取り組みにの積み重ねによって、自治体の行政サービスが向上し、市民の生活がより快適になることが期待されています。

自治体で生成AIを活用するメリット・デメリット

自治体で生成AIを活用する際のメリットとデメリットについて考察します。

メリット

1.業務効率化とコスト削減

生成AIを活用することで、行政業務の効率化や作業量の削減が図れます。これにより、行政サービスの品質向上とコスト削減が実現します。

2.24時間対応のサービス提供

AIを活用した自動応答システムなどを導入することで、24時間対応のサービス提供が可能となります。市民の問い合わせに迅速に対応し、サービスの利便性が向上します。

3.データ分析に基づく施策立案

生成AIが市民の声や地域のニーズを分析し、それに基づいて施策や予算編成を行うことで、より効果的な行政施策が実現します。

デメリット

1.情報の信頼性と誤解釈のリスク

AIが自動生成した情報には、誤解釈や誤った情報が含まれる可能性があります。情報の信頼性や適切な解釈を確保するためには、十分な検証と人智による判断が必要です。

2.プライバシーと個人情報の保護

AIが個人情報を取り扱う際には、プライバシーや個人情報の保護に関する法令を遵守する必要があります。適切なデータ管理とプライバシー保護が求められます。

まとめ

自治体における生成AIの活用事例とそのメリット・デメリットについて紹介しました。AI技術の進化により、自治体業務の効率化やサービス向上が期待されますが、情報の信頼性やプライバシー保護などの課題も同時に考慮する必要があります。生成AIを適切に活用することで、私たちの生活をより快適にすることができるのではないでしょうか。

関連記事

  1. 生成AIに資料を作ってもらった

    プレゼン資料もおまかせ?生成AIが作る提案書のクオリティを調査してみた

  2. 生成AIで英語学習

    生成AIで変わりつつある英語学習。活用術を徹底紹介

  3. 生成AIと経理業務

    生成AIを経理でも活用!経理業務における活用事例5選

  4. galaxyAIの機能

    galaxy AIってどんなAI?機能の概要や使い方、できることを解説

  5. AIとは

    今さら人に聞けない生成AIとは?わかりやすく解説

  6. 音楽と生成AI

    生成AIが歌を歌う?音楽生成AI最前線を解説します

  7. aiの種類

    生成AIその種類一覧を紹介します

  8. AIアプリ

    無料で使える!おすすめの生成AIアプリ10選

  9. 生成AIと著作権

    生成AIの著作権はどうなってるの?事例とともに解説

PAGE TOP