TOPIC

claude3で楽々記事作成!記事を作成させる際の注意点やコツ

claude3で記事作成

ChatGPTを超えたという声もある注目のAI、claude3。さまざまな機能を備えていることで注目を集めていますが、記事作成機能に期待している方も多いようです。本記事では、このclaude3の機能全体にも視野を広げつつ、おもに記事作成の機能について解説していきます。

claude3とはどんな生成AI?本当に記事作成に使える?

claude3はアメリカのAnthropic社が開発・提供しているAIです。とくにデータの分析に非常に優れた機能を発揮すると言われていますが、文章作成機能についても高い評価を得ています。しかもそのAIとしての機能はChatGPTを超えているのではないかとの評価もあり、より幅広い用途での使用に適しているとも言われています。

このよく比較されるChatGPTとの違いに関しては、上記の分析力に加えて論理性・倫理性に優れていると言われています。分析力に優れ、論理性を備えているということはそれだけ深い内容の文章を作成できることを意味しています。さらに倫理性に優れていることで、より公平かつ偏見が見られない文章を作成しやすいメリットも備えていることになります。
AIで文章を作成するうえでの大きな問題点として指摘されるのが、この内容の偏りです。あくまでAIは過去の膨大なデータを参照にしたうえで文章や画像を作成しますから、そのデータに偏りがある場合、作り上げられる内容にも偏りが生じてしまうのです。典型的な例では男女差別の問題が挙げられるでしょう。実際のところ、これまで男性優位の状況が世界中で続いており、その状況の下でデータが蓄積されてきていますから、それをもとにAIが文章や画像を作るとその偏りがそのまま反映されてしまう恐れが出てきます。

Claude3ではこのAIが抱えている難しい問題をかなり回避できる機能を備えていると評価されています。もちろん、AIそのものに倫理観が備わっているわけではありませんが、優れた倫理性を機能として備えていることで、公平かつ偏りのない文章や画像を作ることができるわけです。

文章作成だけなら現在のAIで簡単に作成できるでしょう。しかし、記事作成ともなると内容が求められますし、もし偏った内容を安易に使用してしまうと、AIではなくその記事を掲載した側の倫理観が疑われてしまうことになりかねません。「AIに記事作成が出来るのか?」というテーマは、まさにこの点をクリアできるかにかかっているわけですが、claude3は非常に優秀に機能を備えたAIとして高い評価を得ているのです。
また、claude3は分析力に優れているうえに構造化された文章を作りやすい特徴も持ち合わせています。読みやすく、説得力のともなった文章を作成する場合には、全体の構造にも配慮が必要です。単に有益な情報をダラダラと書き連ねるのではなく、起承転結を踏まえたうえでわかりやすい構造にする必要があるわけです。claude3はこの点においてもメリットを持ち合わせています。

claude3での記事作成機能の使い方

ではclaude3で記事を作成する場合にはどのように使えばよいのでしょうか?いきなり「◯◯のテーマで記事を作成してほしい」と指示を書いても、よい記事を作成することはできません。ある程度の手順を踏む必要が出てきます。
とくにネット上に掲載する記事の場合、SEO対策も意識した文章が求められます。ですからまずは各記事のジャンルを指定したうえで「検索エンジンで人気が出そうなキーワードを教えてほしい」と指示を飛ばします。するとAIがいくつかのキーワードの提案をしてくれますから、そのなかからよさそうなものをピックアップしてメインのキーワードを決めていきます。

書く記事のテーマさえ決まっていない場合には、その提案をAIに求めることも可能です。先述した手順でキーワードを決めたうえで「このキーワードをもとに書く記事のアイデアを提案してほしい」と指示すると、AIがいくつかのアイデアを提示してくれます。その中から面白そうな、あるいは読者に受けそうなアイデアを選んでいきます。これであっというまに記事のテーマとメインとなるキーワードが決まりました。これらをもとにAIに記事作成をしてもらうことになります。ポイントはできるだけ明確に条件を定めたうえで指示することです。

キーワード、ジャンル、基本となる方向性のほか、目的(ブランディング、アクセス数アップなど)、メインとなる読者層などを細かく条件づけて指示することで、より理想に近い記事をAIに書かせることができるのです。
この段階でかなり内容が伴った精度の高い記事を作成することができるでしょう。ただいくら記事作成に優れたAIといえども、いきなり完璧な内容の記事を作れるわけではありませんし、先述したように偏りが見られる可能性もあります。必ず人間が目を通して問題がないかチェックしましょう。

記事の修正においてもclaude3は優れた機能を発揮します。もしなんらかの問題を見つけた場合には、修正の指示をすることでAIが指示に基づいた修正を行ってくれます。とくにキーワードや見出しの追加やより具体的なデータを盛り込みたい場合に、この修正機能が威力を発揮してくれます。例えば「◯◯に関する記述についてもう少し具体的な例を挙げてほしい」と指示することで、より説得力のあるデータを提示させることも可能です。ただし、このデータが本当に正しいものかどうか、必ずチェックするのを忘れないようにしましょう。

そのほか、claude3に記事作成をさせるうえでのポイントでは読みやすさでしょう。先述したように記事作成を指示する際にターゲットとなる読者層を指示するわけですが、もっとそのターゲット層にとってわかりやすい文章にする必要も出てきます。そんなときにはわかりにくいと感じた部分を指摘したうえで「もっとわかりやすい表現にしてほしい」と指示すれば、AIが別の表現を提案してくれます。

このように記事作成そのものはclaude3に行わせつつ、人間がチェックして修正・追加を繰り返しながら、よい記事へと磨き上げていく作業が必要になります。これをどれだけうまく、効率よく行っていくかがポイントになってきそうです。

cladue3のプランと記事作成能力について

このように記事作成機能についても非常に優れた能力を持っているclaude3ですが、このAIには3つのプランが用意されており、それぞれ特徴や機能に違いが見られます。もっとも高い機能を備えている「Opus」、無料で利用することができる「Sonnet」、高速な処理を得意としている「Haiku」の3種類です。

これらのプランすべてで記事作成を行うことができますが、やはりもっとも優れた記事を作成できるのが「Opus」です。分析性や論理性はもちろん、創造性を備えた文章を作成することが可能です。長文の記事、専門性や創造性が求められる記事を作成する場合には、このプランを選ぶのが理想的です。有料プランで月額20米ドルです。

SonnetとHaikuのプランでも記事作成は可能ですが、Opusに比べるとやや劣るので注意しましょう。ただし無料で利用できるSonnetでもブログ記事程度なら十分に作成可能ですから、まず試しにAIにブログ記事を書かせてみたいと思っている方はこちらで試してみるとよいかもしれません。

まとめ

結論から言えば、claude3で記事作成は十分可能です。ただそのためには、人間がキーワード設定から記事の方向性などをしっかりと決めたうえで適切な指示を行うことが求められます。人間とAIの両方の試行錯誤を繰り返しながら、高品質の記事を作れる環境づくりが必要になってきますから、いかにclaude3をうまく使いこなせるかによって作成される記事の品質にも差が出てくることになります。この点に注意しつつ、有効に活用していくことになるのでしょう。

関連記事

  1. claude3の日本語対応

    claude3は日本語対応しているの?日本国内での活用方法

  2. claude3の活用例

    話題の生成AI・claude3では何ができる?徹底解説

  3. claude3にコーディング

    claude3でコードの生成は可能?コーディングとの相性

  4. 画像生成AIと画像認識AI

    claude3で画像生成は可能?画像周りの機能や活用方法を解説

  5. chatGPTとclaude3の違い

    claude3とchatGPT、それぞれ得意なこと、不得意なことを比較してみた

  6. claude3の料金プラン

    claude3の料金体系はどうなってるの?料金やプランについて解説

  7. claude3とは

    注目を集めているclaude3とはどんな生成AI?徹底解説

  8. claude3の概要

    claude3の活用方法を事例と共に解説

PAGE TOP