TOPIC

生成AIを経理でも活用!経理業務における活用事例5選

生成AIと経理業務

経理業務は企業や組織において欠かせない重要な業務の一つです。従来、経理業務は手作業でのデータ入力や帳簿管理が中心でしたが、近年では人工知能(AI)の進化により、経理業務の効率化や精度向上が図られています。特に生成AIは、経理業務においても活用されるようになっています。
本記事では、生成AIを経理で活用する事例に焦点を当て、そのメリットやデメリットについて解説します。

AIが経理業務を担う時代?生成AIができることとは

経理業務においてAIが活用される時代が到来しています。特に生成AIは、文章やデータの自動生成が得意なため、経理業務において以下のようなことが可能です。

1.帳票や報告書の自動生成

生成AIは、数値データや取引履歴などを分析し、それに基づいて帳票や報告書を自動的に生成することができます。これにより、経理担当者の手間を大幅に削減し、業務の効率化が図られます。

2.予算編成や予測分析の支援

生成AIは、過去の膨大なデータを元に予測分析を行ったり、予算編成に関する支援を行ったりすることも可能です。過去のデータから企業の将来の業績や財務状況を予測し、経営戦略の立案に役立ちます。

3.決算書や税務申告書の作成

生成AIは、会計データや税務情報を解析し、決算書や税務申告書などの重要な書類を自動的に作成することができます。これにより、正確な書類を短時間で作成することができます。

経理での活用事例5選

経理業務における生成AIの活用は、業務の効率化や精度向上に大きな貢献をします。以下では、その具体的な事例を5つ紹介します。

1.帳票の自動生成

ある企業では、毎月の売上データや経費データの集計を行い、その結果を元に決算書や財務諸表を作成しています。生成AIがこれらのデータを自動的に分析し、各種帳票を自動生成することで、経理担当者の作業負荷を軽減しています。

2.予算編成の支援

AIを用いて将来の業績や収支予測を行い、来年度の予算編成を行なっている企業もあります。生成AIが過去の財務データや市場動向を分析し、将来の業績を予測することで、予算編成に関する意思決定を支援しています。

3.税務申告書の自動作成

中小企業では、税務申告書の作成作業が煩雑であり、経理担当者の負担が大きいことがあります。生成AIが会計データや税務情報を解析し、税務申告書を自動的に作成することで、作業の効率化と正確性の向上を実現しています。

4.財務レポートの自動作成

企業によっては月次や四半期ごとに経営陣への財務レポートの提出が必要です。生成AIが財務データを分析し、企業の財務状況や業績動向を可視化したレポートを自動的に作成することで、経営陣への適切な情報提供が行われています。

5.支払いデータの自動入力

AIが支払いデータの自動入力を行うケースもあります。従業員や取引先からの請求書や領収書をスキャンし、生成AIがその情報を読み取って帳簿に自動的に入力することで、入力作業の手間を軽減しています。

経理で生成AIを活用するメリット・デメリット

経理で生成AIを活用する際のメリットとデメリットについて紹介します。

メリット

1.作業効率の向上

生成AIにより、経理業務の自動化や自動生成が可能となり、作業効率が大幅に向上します。

2.精度の向上

AIが自動的にデータを分析し、書類やレポートを生成するため、人為的なミスや誤りが少なくなり、精度が向上します。

3.迅速な情報提供

AIによる自動生成により、情報提供が迅速化され、意思決定のスピードが向上します。

デメリット

1.導入コストと運用費用

AIシステムの導入や運用には、一定のコストや費用がかかります。特に大規模なシステムの導入には、高額な投資が必要となる場合があります。

2.技術の限界と誤差

AIは人間と同等の判断力を持つことはできません。そのため、AIが誤った判断を行う可能性があり、その誤差を修正するためには人間の介入が必要です。

このように、経理業務においてAIが優れたサポートを提供する一方で、AIではできないことも存在します。例えば、以下のような点が挙げられます。

1.人間の判断や洞察力

AIは膨大なデータを高速で分析し、パターンや傾向を把握することが得意です。しかし、人間の持つ洞察力や経験に基づく判断は、AIには難しい領域です。経理業務においては、数字の背後にある意味や文脈を理解し、状況に応じて柔軟に対応する能力が求められます。

2.倫理的判断や個別対応

経理業務には、倫理的な判断や個別対応が必要な場面があります。例えば、税務申告書の作成や財務報告書の審査において、個別の事情や法的規制に配慮した対応が求められます。AIは一般的なルールに基づいて処理を行いますが、特殊なケースや個別の状況に適応することが難しいケースがあります。

3.人間関係やコミュニケーション

経理業務には、部門や他の従業員とのコミュニケーションや連携が欠かせません。例えば、予算の調整や財務報告の共有など、人間同士のコミュニケーションが不可欠です。AIは情報処理や自動化に優れていますが、人間のコミュニケーション能力を完全に代替することはできません。

まとめ

経理業務において生成AIが提供する効率化や精度向上は大きな利点ですが、人間の判断や洞察力、倫理的な配慮、コミュニケーション能力など、人間独自の能力や役割も不可欠です。AIと人間が相互補完的に働くことで、より効果的な経理業務が実現されるのではないでしょうか。

関連記事

  1. 生成AIの医療現場での活用方法

    生成AIは医療現場でも活躍。医療における生成AIの活用事例5選

  2. おすすめのAIサービス

    生成AIを無料で試そう!おすすめサイト10選

  3. 生成AIに資料を作ってもらった

    プレゼン資料もおまかせ?生成AIが作る提案書のクオリティを調査してみた

  4. AI半導体

    生成AI効果!半導体の需要が増大してる理由を解説

  5. AIとは

    今さら人に聞けない生成AIとは?わかりやすく解説

  6. 生成AIで英語学習

    生成AIで変わりつつある英語学習。活用術を徹底紹介

  7. aiの種類

    生成AIその種類一覧を紹介します

  8. 生成AIが苦手なこと

    弱点を知って上手に活用!生成AIが苦手なことを5つ紹介

  9. AIアプリ

    無料で使える!おすすめの生成AIアプリ10選

PAGE TOP